Y's DIARY

Y's DIARY


目標を立てる

 年末、皆さんいかがお過ごしだろうか。

 年末になると、「よいお年を」という挨拶がよく交わされるようになる。この挨拶は「よいお年(新年)をお迎えください」という文章が縮まったものらしい。現代はそこまででもない(とは言え忙しいことは変わりない)が、昔の年末は現代よりもやること(やらなければならないこと)が多くていろいろと大変だったという。そこで、「大晦日までにやることはしっかり終えて、無事に新年を迎えられると良いですね」という挨拶が交わされるようになったとのことである(※もっと詳しく知りたい方はここを見て頂きたい)。間違っても「来年1年いい年になると良いですね」という意味ではないのでご注意を(高校生の頃、友達から送られてきた年賀メールに「よいお年を!」と書かれていたことがあった)。

 2006年も残すところ、今日を入れて3日。皆さんは、年内にやっておかなければならないことはあるだろうか。「ある」という方は、しっかりそれを終えられるよう頑張りましょう。「ない」という方は、無理やりにでも何かしら目標を作ってみてはいかがだろうか。当面の目標があると、生活にハリが出るだろう。

 今回はそんな目標に関するお話。

 この年末、俺は福岡の実家に帰ってきている。そのため今回は実家のパソコンで更新しているのだが、キーボードが打ちにくくて困る。やっぱり使い慣れたキーボードの方がいい。キーボードといえば、何でキーボードのアルファベットの配列はバラバラか知ってます? いや、まぁそれはまたの機会に…。

 話を戻そう。俺は福岡の実家に帰ってきたわけである。で、横浜の部屋には体重計なんか置いていない(一人暮らしの男性で家に体重計置いてる人の方が少ないんじゃないかと思うが)俺は、「久しぶりに体重でも量ってみっか」と思い、昨日数ヶ月ぶりに体重を量ってみたのだが…。

マフラーの巻き方

 最近、『マフラーの巻き方』で検索してこのブログに辿り着いていらっしゃる方が多いのだが、該当記事は1年以上前に書いたもので、現在は諸事情により削除してしまっている。よって、そのようにしてこのブログに辿り着いた方には必要な情報を提供できずにおり、大変申し訳ない気持ちでいた。そこで、今回改めて『マフラーの巻き方』に関する記事を書くこととした。

 とはいっても、俺がやることは『マフラーの巻き方』が掲載されているサイトをここで紹介することだけである。

 いくつか載せようかと考えたのだが、お勧めのサイトのみを掲載する。こちらである。可愛いイラストによる図解。大変わかりやすい。俺はあまりマフラーを使わないからよくわからないのだが、ここに掲載されている巻き方で充分対応できるのではなかろうか。

 ちなみに『学生さん風巻き』というものが、何故『学生さん風』なのかはよくわからない。

 検索でここに辿り着いた方のお役に立てれば幸いである。

重なり合う視点

 バイト中、突然、今までに経験した一人旅について考えた。

 ほとんど一人旅なんてしたことない俺だが、唯一したことがある一人旅は、高3の2月に経験した東京への受験旅行だろう。まぁ、費用は親持ちだった上に、宿泊先のホテルなんかの手配は代理店にやってもらったことを考えると、本当の一人旅とは言えないかもしれない。それでも、ひとりで右も左もわからない東京まで飛んで、そこで4日間過ごしたのだから、一応一人旅と言っていいだろう。

 当初は1週間近くの滞在になる予定だったのだが、受験予定だった中央・法政・明治・立教(あまりよく覚えてないが、確かこの4校)のうち、中央以外の大学はセンター利用試験というやつで受かったらしいということで、3泊4日の日程に短縮したのだった。1校しか実際には受験しないこと、当時そもそも入試というものを高校の試験の延長のようなものだと考えていたことなどがあって、受験旅行とはいえ、それはただの観光旅行といってもいいようなもんだった。

 1日目に東京へ飛んで、立川まで移動。2日目に中央を受験した後、そのまま池袋へ移動。3日目はひとりで東京観光。4日目に帰福。ホント、ただの観光旅行だった。

 一番印象に残っているのは、もちろん3日目の東京観光。日程を2泊3日にまで短縮できるところを3泊4日にしてもらった理由は「東京観光をしたいから」だった気がする。要所要所で途中下車しながら、山手線を一周した。途中下車したのは確か、東京・秋葉原・新橋・新宿だったかな? 東京駅のレトロな外観を写真に撮って、秋葉原の電気街を物珍しそうに見て回った。新橋では、ゆりかもめに乗り換えてお台場に行った。フジテレビの中に入ったり、レインボーブリッジや「踊る大捜査線」のロケ現場を写真に撮ったり…。新宿で降りたのは東京都庁を見るためだ。都庁行きのバスがあるみたいだったので、それを待っていたところ、近くにいたタクシーの運ちゃんから「都庁だったら歩いて行った方が早いよ!」と言われたことを覚えている。あ、あと、どこで降りたかは忘れたが、駅から東京タワーまで歩いていったこともあったな。見るもの全てが初めてで、全てが新鮮だった。

 話を最初に戻す。何で一人旅なんてことについて考えて、2年近く前の受験旅行を思い出したんだろう。

 そうだ、今の俺の生活には、あのときのようなワクワク感がないんだ。全く知らない土地へ行って、そこで右往左往しながらもいろんなことを発見するワクワク感。不安感と隣り合わせの期待感。東京観光をしたとき、どこでどう電車を乗り継げばいいかなんてよくわからなかったけれども、そんな不安感以上に、その先に存在する未知の世界に対する期待感の方がずっと強かったんだ。今の俺はどうだ? 今の俺は、不安から逃げるばっかりで、新たな発見に対する期待が薄れてしまってんだ。

 春休みにでも、どこか目的地を決めずにぶらっと出掛けようかな。そこには間違いなくまだまだ知らない世界が数多く存在する。その未知の世界を目にしたとき、高校生だった頃の俺の視点と、今の俺の視点が重なり合うのだろう。

Base Ball Bear

 最近、Base Ball Bearというバンドの音楽をよく聴いている。きっかけは、とある番組の間に挟まれるCMの中で、このバンドのCMが流れていたことである。最初は何とも思わなかったのだけれど、何回も聴いているうちに何か妙に気になりだした。そして、すぐにCDを買いに走ったのである。

 HMVのアーティスト紹介のポップに「激しすぎず、おとなしすぎず」って感じのことが書かれていた気がするが、まさにその通り。俺の予想よりは全体的におとなしい感じだったが、おとなしすぎるってわけでもなくて、何かその中にエネルギーを感じるというか、上手く説明できないが、いい感じなんである。俺の中のフェイバリット・アーティストに新たなバンドが加わったと言っていい(他の人と比べて大して音楽聴いてるわけでもないが)。

 また、新鮮なのが、男3人(ギターボーカル・ギター・ドラム)女1人(ベースコーラス)という編成であること。男女の構成比というより、男性ボーカルに女性コーラスが乗ってるっていうのがいい。同じような編成のバンドは他にもあるかも知れんけど、少なくとも今まで自分が聴いていた音楽の中にはなかったものなので、素直に新鮮。その特徴がよく出てるっていう点で(別にそれを売りにしてるわけでもないだろうけど)、今回買ったアルバム「C」の中では「ELECTRIC SUMMER」という曲がいい感じである。というか、まぁ、そういう音楽的な話だけじゃなくて、弦楽器を弾く女性はカッコよくて好きっていうのもあるんだけどさ。

 さらに、このバンドの人たちって、それほど自分と変わらん年代の人たちなんよね(男性3人は2歳年上、女性は1歳年上)。CDデビューしたとき、ベースの女性(関根さん)は高3だったことになるわけですよ(もちろん他にも高校時代にCDデビューした人たちっていうのはいるけど)。こういう人たちを見ると、「それに比べて俺は…」って思ってしまう。本来、比較すること自体間違ってんだけどね。

 CDショップによっては試聴できるところもあると思うし、ネット上で試聴できるサイトもあるので、もし気になったら聴いてみて下さい。あえて、試聴できるサイトへのリンクは貼りません。聴きたいと思ったら自分で少し調べてみること。そこから興味って湧くもんですからね。

 ではでは。

サンケイエクスプレス

 キムタク出演のCMが印象的だったサンケイエクスプレス。11月1日に産経新聞社から創刊されたばかりの新聞である。

 実は結構気になっていた新聞なので、1週間の無料試読の申し込みをしていた。その第1日目の分が今日届いた。

サンケイエクスプレス


 読んでみての感想として、まず見た目でわかる特徴から。

1.一般の新聞1面の半分の大きさのタブロイド版である。
2.横書きである。
3.上質紙を使用している。


 こんなとこかな。

 タブロイド版でコンパクトなサイズになってるのは結構いい。ちょっとパンでも食べながら片手で読むってことも出来る。

 横書きになってることに関してはそれほど気にならない。やっぱりネットニュースなんかで横書きの文章に慣れてるからだろう。

 そして、上質紙を使った紙面は「美しい新聞」をキャッチフレーズにしているだけあって、確かに綺麗である。手も汚れないし。また、大きなサイズのカラー写真が多く使われており、ビジュアル的な面に力を入れていることがわかる。

 で、ここからが肝心の内容について。

 全部の記事に目を通して、あらかた読み終えるまで大体30分くらい。サクッと読める。それは長所でもあるのだが、同時に短所でもある。正直言って、ちょっと物足りないかなって感じがするのである。ある事柄について深く掘り下げるというのではなく、ザックリと表面部分だけをまとめたという印象かな。もっと詳しく知りたいと思ったら、そこからさらに自分で調べる必要がある。

 また、この新聞に関するブログを検索してて、誰かが書いてたのが「必ずしもその日に載せなくてもいい記事を載せる前に、その日に伝えなくてはならない記事をまず載せるべき」ってこと。確かにこれは鋭い指摘のような気がする。というのも、記事にコラム的な内容のものが多い気がするのである。もちろん新聞なんだから「報道」としての役割は持ってるだろうけど、そこんとこはちょっと、いや、結構弱い。例えば、地域の事件とか事故の記事は全く載ってないしね。まぁ、あえてそのあたりで他の新聞との差別化を図ってるみたいだけど。

 最後に、総合的な感想を。

 やっぱり、ちょっと内容が薄いかな。繰り返しになるけど、それが良くもあり悪くもあるところ。サクッと読めちゃう分、あまり深い知識は得られないかも。特に、まだ1日分しか読んでないけど、政治・経済面のボリュームがもっと欲しい。ただ、他の新聞と比べて安い(月極1680円)のが特徴でもあるだけに、その価格ならこんなもんかなって感じもする。1日に換算すると大体50円くらいだから、それでちょっとした読み物を買ってると思えば悪くはないかも。

 そうそう、「読み物」って言葉でピンと来たけど、何か「新聞」って感じじゃないんだよね。「新聞」っていうよりは、日刊のちょっとした「雑誌」みたいな感じ。

 とりあえず無料試読の期間は始まったばかりなんで、もう少し読んでみて定期購読するか考えよう。…と思ったら明日は休刊らしい。タイミング悪。

電撃トレード

 今日の話題はこれに尽きます…。






 ソフトバンク・寺原と横浜・多村の交換トレード成立!!






 もうね、ビックリですよ。前から「多村獲得」という噂は聞いたことがあったけど、まさか寺原との交換トレードとはねぇ。

 しかも、2人とも地元出身でしょ(寺原:宮崎、多村:神奈川)? 球団も思い切ったことやるもんだ。

 ホークスファンの俺としては、かなり動揺してます…。寺原には愛着があったんだよなぁ…。あの、訛りが全然抜けないしゃべり方とか…。

 ホークスの先輩投手陣からも可愛がられてたし、新垣なんか結構ショックなんじゃないかと。

 新垣のHP(ここをクリック)に、先日の野球教室のときに撮ったと思われる寺原との2ショットがあるんだけど、もうホークスのユニフォーム姿が見られないと思うと寂しい…。

 ただ、寺原がトレードに出されるということと同じか、またはそれ以上に、そのトレード相手が多村だっていうのにも驚いた。とにかくスペる(※注)ことで有名だけど、1年間怪我せずにフルで活躍すれば3割30本が期待できる選手だからね。あくまで『怪我さえなければ』なんだけど…。

 とにかく、2人とも新天地で頑張ってほしい。

 特に寺原、横浜のローテの軸となるくらいの投手になってくれ!!

 そのときは浜スタに応援に行くぞ!!

 追記:ホークス選手の声、山崎勝己捕手

 (※注)スペる…参考サイト(Wikipediaスペランカー多村仁

本の読み方

 お久しぶりです。約1週間ぶりですか。そんなにお久しぶりでもないですね。

 別に、早くも飽きたとかじゃないですよ。時間がないんですよ、時間が。そんな多忙な毎日を送ってるわけじゃないけど、それなりにやらんといかんことがあるんでね。

 その「やらんといかんこと」っつーのは、主にレポート作成なのだが、それに関する話をひとつ。

 レポートを書くためには、大体何らかの本(参考資料)を読まなければいけない。俺の場合、前はただ「読む」だけだったのだが、最近はキーワードと思われる語句・文に赤線を引いて、さらにその中でも重要と思われるものについては別にルーズリーフのノートに要点をまとめるようにし始めた。
 本の読み方

 まだ始めたばかりだが、ただ読むだけよりはずっと内容が理解しやすくなったと感じる。ただ読むだけだと「読んだつもり」になってしまって、実はあんまり読んでなかったりするからなぁ。

 前から「本は書きながら読むべし」みたいなことを聞いてはいたんだが、なかなか実行には移さなかった。何か本を汚すのが嫌で…っていうのが理由だったんだが、考えを改めねば。

 「本は汚して読むべし」

 ただ、これ読んでる人にはそんな人いないと思うけど、「汚して読むべし」っていうのは、あくまで自分が所有してる本を読む際の話ね。図書館や人から借りた本の場合は、ポストイットなんかの付箋で目印を付けるか、要点を自分でまとめていけば同じ効果が得られるわけだから、それで済ませましょう。図書館の本に、鉛筆やひどい場合には蛍光ペンで線を引いてるやつはマジで消えてしまえばいいと思う。そういう公共心のないやつの頭の中ってどうなってんだろね。

« »

12 2006
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives