Y's DIARY

Y's DIARY


向上意欲

 仕事柄、英文を読む機会がそこそこ多いので、改めてリーディングの勉強をしようと思い立った。

 そこで買ったのが、Amazon のレビューで割と評価が高かった以下の本。



 この本で紹介されているのは、英文を単語ごとに徹底的に品詞分解し、それによって文の構造を捉えていくという方法論である(この文では、主語が A で述語が B、C は形容詞として A にかかっている等々)。

 自分の高校時代の英語教師がまさにそのような指導をしていた。

 『英文を訳す→文章内のどの単語が主語でどの単語が述語かを問われる and どの単語がどの単語にかかっているかを問われる』

 高校2年からの2年間はそのような形で英語教育を受けてきた。

 今となって考えてみれば、そのときの蓄積が今でも役立っていて、この本を読む前から英文を読む際には無意識的に文の構造を捉えることができるようになっていた。

 そのようにある程度土台ができあがっていた分、今のところはそれほど苦もなく読み進めることができている。

 さて、文章の構造が理解できれば、それだけで英文が読めるようになるかというと、そうではないだろう。

 先の『リーディング教本』の例文に以下のようなものがある。

 「Wholesale prices sank drastically.」

 Wholesale prices が主語で sank が述語、drastically が副詞で sank にかかることは見ただけで容易にわかる。

 が、それぞれの単語の意味がわからなければ意味はわからない。

 つまり、「Wholesale prices が drastically に sank した」までしか理解できないということになる(厳密に言えば「sank」が現在形なのか過去形なのかもわからないので、訳的に「sank する」なのか「sank した」なのかも判断できない)。

 やはり単語の意味を知るということも非常に大事だ。

 そこで、単語を学ぶという観点で利用しているのが以下のサイトである。

 smart.fm

 無料で登録・利用することができ、ゲーム感覚で英語を勉強できるコンテンツ・アプリケーションが揃った、なかなか有益なサイトである。

 当面は、このように『リーディング教本』で英文読解のための文章構造知識を身に付け、smart.fmで単語知識を身に付けるという2本柱で勉強していくことにする。

謹賀新年 2010

 皆様、明けましておめでとうございます。

 ここ数ヶ月ろくに更新しておりませんでしたが、その原因のひとつでもある年末納期のある案件を無事に終えることができましたので、今後はなるべく2週間に一度は更新したいと思います。

 低い目標と思われるかもしれませんが、実際これくらいが現実的なんですよね。

 さて、先程申しました年末納期の案件というのは、知る人ぞ知るゲーム製作案件でありまして、2008年初夏に始まったこのプロジェクトが無事に完了したことで、心は晴れ晴れしております。



 興味をもたれた方はご連絡ください。

 それでは、本年もよろしくお願いいたします。

« »

01 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives