Y's DIARY

Y's DIARY


合宿&旅行まとめ

 合宿&旅行は無事終了した。



 帰ってきたのは昨日の夜。いや~、いろいろあった3日間だった。昨日のうちに書こうと思ったけど、旅の疲れのせいか、文章が全然まとまらなかったので途中で止めた。というわけで、改めて今日のうちに合宿&旅行まとめ。

 卑怯だけど、箇条書き形式で行かせてもらいます。

 9月8日(

・院生のK山さん、Iさん、S藤さんと大学で合流。レンタカーで出発。運転はS藤さん。
・東京・練馬の自宅マンション前でW先生と合流。
・シートベルトの締め方がわからず首に巻こうとしたW先生のまさかの行動に一同爆笑wwwww
・さらに、SAで車を降りる際、ドアの開け方がわからずパワーウィンドウを開けてしまったW先生のまさかの行動に、またも一同爆笑wwwww
・上信越道の途中で渋滞に巻き込まれる。台風の影響による土砂崩れのために高速が途中で通行止めになっていたことが原因。当初は午後2時から3時くらいには軽井沢に到着する予定が、午後7時半の発表時間に間に合うかも微妙な状況に。
・一般道に降り、山道に入ったあたりで渋滞解消。
・午後6時、軽井沢到着。予定到着時間を大きく遅れておきながら、夕食の時間にはちょうど間に合うという、何とも申し訳ない展開wwwww
・午後7時半過ぎ、Wゼミ生陣発表。先頭バッターは俺。かなり緊張するも、何とか終了。後で行われた懇親会の際に、上智の4年生から「発表、面白かったよ~。3年生なのに私たちのよりずっと良かったし!」と言われ、ちょっと嬉しくなる。が、「出身地当ててあげる! 東北の人でしょ! あれ、茨城?」と言われ、「あぁ、俺、発表のとき、変な喋り方してたんだろうな~…」とショック…。発表とか、人前で話すことが苦手だから、場数を踏んで慣れないとなぁ…。
・懇親会終了後も別の部屋で宴は続いていたが、俺とIさんは一足先に部屋で就寝。

 9月9日(

・午前中、上智の院生及び東大研究員の人の発表を聞く。
・W先生が着ていたシャツに値札が付いたままであることにK山さんが気付き、ライターで紐をあぶって値札を外すwww
・昼、合宿終了。記念写真を撮って各自解散。もう少し上智の人と交流を深めておけばよかったなぁ、と少し後悔。でも、みんな同級生だったら、仲良くなっておけばこの先も何らかの関わりが持てたかもしれないけど、みんな4年生(及び院生)で先輩だったから、もし交流を深めていてもこれから関わることはなかっただろうな、と言い聞かせる。あ、さすがに上智、女性陣はみなさん綺麗な方でした。
・昼食をどこで食べるか思案するWゼミ生陣。ちょうど焼肉屋を発見し「じゃあ焼肉でも」ということに。昼から焼肉。何という贅沢。
・食べること約1時間。何と昼食代で25000円。1人当たり5000円の計算だ。それをW先生が全額出してくれた。というか、ここだけでなく、今回の合宿&旅行でかかった諸経費(レンタカー代、ガソリン代、宿泊費、食費etc…)はほとんど全てW先生が払ってくれた。すごい、すごすぎる。
・塩沢湖畔にある軽井沢タリアセンへ。のんびりとした時間を過ごす。
・その後、S藤さんが一足先に新幹線で帰宅。月曜から仕事(高校非常勤講師)があるため。
・夕方、この日の宿泊地、別所温泉・柏屋別荘に到着。大変趣きある旅館。ちょっと調べたら、1人1泊1万5000円はすると思われる旅館。その宿泊費は、4人分で6万は確実に超えてるはず。すごい、すごすぎる。完全に先生に乗っかっているWゼミ生陣3人。
・温泉入浴後、夕食。ものすごく豪華だった。
・夜、温泉街を散策。
・早めに就寝。

 9月10日(

・朝食は、これまた豪華だった。
・またもW先生が着ていたシャツに値札が付いたままになっていることに気付き、今度はIさんがライターで紐をあぶって値札を外すwww
・お土産を買った後、チェックアウト。旅館の入り口で撮った記念写真をカレンダーにしてくれるという思わぬサービスあり。
・近くの安楽寺へ。国宝・八角三重塔を拝観する。K山さんの「W先生もある意味、人間国宝wwwww」という言葉に同意する俺とIさん。
・そば処で昼食。
・釣りをしようということになり、初日の道中に発見したフィッシングパークへ向かう。が、着いた途端に雨が激しくなる。さらに、パーク関係者が1人も見当たらないという事態。やむなく、そのまま東京に戻ることに。
・東京・練馬の自宅マンション前でW先生と別れる。その直後、帰り道に先生が買った釜めしを車内に忘れていることに俺が気付き、K山さんが走って先生に届ける。遠目に見る先生の後姿は、やっぱり変わり者という感じだった。そしてK山さんの話によると、釜めしを届けた際に「先生!」と呼びかけたら、「ぅええっ!?」という感じでものすごく驚いたらしいwwwww 今回の旅を通して、我々の間では「いろんな意味でW先生は偉大な人である」ことが改めて確認された。
・首都高を走り、横浜へ。首都高って、ホントに高層ビルの間を走ってるんだなぁ。壮観な景色だった。
・自宅前まで送ってもらって、IさんとK山さんと別れる。お世話になってばかりの3日間だった。
・自宅に着くと、一息つくと同時にやはり寂しさが。発表準備は大変だったけど、楽しかったなぁ。

 振り返れば、先輩と先生に乗っかりっ放しの旅だった。この3日間、車の運転はS藤さんとIさん。全員をまとめる、いわばリーダー的役割はK山さん。財政的なことはW先生。そして、俺は特に何もやってない。一番年下で、一番気を遣わなきゃいけないはずの立場なのにねぇ…。K山さんがホントにいろいろと気が利く人で、俺も見習わないとなぁと思った。

 でも、いい経験だった。合宿も旅行も。正直言って、行く前はモチベーションが上がらなかったけど、今では行ってよかったと思っている。

 いつの間にか、3年ゼミ生メンバーよりも、院1年ゼミ生メンバーと親しくなってしまった。

 まぁ、それもいいか。3年ゼミ生と劇的に仲良くなれそうな気配は、あまりない。いや、別に仲悪くはないけどね。良くも悪くも、互いに干渉しないって感じ。そういえば、上智の人も同じようなことを言っていた。そう、「全員が全員仲の良いゼミ」なんて幻想なのだ。

 だんだん夜風が涼しくなってきて、夏の終わりが近付いていることを知らせている。

 俺の夏ももうすぐ終わりだな。

〈合宿&旅行ギャラリー〉

2日目・昼食
軽井沢タリアセンのウサギ
軽井沢タリアセンのウサギ・2

塩沢湖
塩沢湖
旅館・部屋

夕食
旅館・入り口
柏屋別荘・看板

鹿威し
国宝・八角三重塔
高岩山

首都高を走る車内
関連記事

Comments

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives