Y's DIARY

Y's DIARY


崖の上のポニョ

 今日は、『崖の上のポニョ』を観に109シネマズみなとみらいへ行ってきた。

 ジブリ作品を映画館に観に行くのは初めてだ(映画自体あまり観ないからね)。

 CGを使わず、全て手描きで作画されているということ以外、ストーリー、キャラクター等に関する予備知識をほとんど全く持たない状態で観賞。

 このブログを読んでいる人の中にも、俺のように情報を入れない状態でこの作品を観ようと思っている人もいるかもしれないので、作品内容の詳細については書かない。ここでは、俺の簡単な感想を。

 この作品は、単純なストーリーかつストレートなメッセージ性で、難しいことをいろいろ考えずに観ることができた。なかなか上手く説明できないが、ややこしいことを考えないで済む分、登場人物にすんなりと感情移入することができたという感じで、ラストシーンでは不覚にも感動して少しウルッときてしまった。大当たり、とはいかないが、大外れ、ということもない作品だと思う。この作品を観て、「時間とお金を損した」「観るんじゃなかった」と思う人はあまりいないんじゃないだろうか。

 演技に関して。声を担当しているのが、声優ではなく役者というのには今でも少し抵抗があるのだが、今回はそれほど気にならなかった。長嶋一茂の声もそれほど違和感はなかった(でも、何で彼でなくてはならなかったのかはよくわからない)。主人公の宗介とポニョの声を担当しているのが、若干9歳の子どもだというのを上映後に買ったプログラムで知ったのだが、なるほど、道理でぴったりハマっていたわけだ。

 ただ、所ジョージの演技はどうだったかな~…。どうにも棒読み気味に聞こえてしまった。まぁ、俺がちょっと気になっただけで、それほど気にするところでもないのかもしれないけど。

 総合してみると、まさに子どもから大人まで全世代が楽しめる作品だと思う。実際、観に来ていた人たちは、若いカップルや小さい子連れのファミリーが多かった(え? あぁ、俺は男1人でしたけど)。
 裏を返せば、そういう「大衆向け」の作品は嫌いだという人には合わないかもしれない。が、そもそもそんな人はこの映画は観に来ないだろう、たぶん。

 しかし、ポニョ可愛かったな~。さすが宮崎駿、幼女を描かせたら(ry



 「全く情報を入れない状態で観た」と書いたが、意識してそうしたわけではない。入ってこなかったのだ。

 俺が日テレをほとんど全く観ないから。



 あ、あと、全く関係ない話になるけど、CMで「○○(自社名)は北京五輪日本代表を応援しています」なんてことをいちいち言う企業ってウザいよね。

 「だから何だ?」って話。そりゃ、日本代表を応援すんのは当たり前だろ。恩着せがましいにも程があるわ。
関連記事

Comments
ポニョww 
一人で見に行くとは強者、いや猛者だなww
しかしあれだな、アニメーションにはやはり声優を起用すべきだと思うね。役者にやらせるとキャラが汚されるような気がする。キャラを侵さず、キャラが活きる演技を心得ているのはやはり声優だと思うんだよね。
そしておいらは見事6月度3万貯金達成!…もうちょい節制していかな結構キツいのね

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives