Y's DIARY

Y's DIARY


悔しいが、負けるべくして負けたと言わざるを得ない今日の日韓戦

 オリンピック野球日本代表が準決勝で韓国に負けました。予選リーグに続き、韓国には2連敗です。韓国に負けた、ということは悔しいのですが、確かに韓国は強い、それは認めなければならないでしょう。というか、強いわけです。プレーだけでなく、ここぞという場面での采配も冴えていて、結果的にそれが得点に繋がりました。7回裏、今大会日本戦を含め3ホームランを放っている絶好調のバッターが同点のランナーとして四球で塁に出た際、迷わずその選手に代走を出した場面は、敵ながら「すごいなぁ」と思いましたよ。結局、その後代走に出た選手が際どいタイミングで同点のホームに生還したわけで、その時点でもう完全に流れは韓国だったのです。

 結局、ここまでのところ、日本代表は強豪と言われるキューバ・韓国・アメリカに1勝も出来ていないわけです。中国・台湾等、格下と思われていた国にしか勝てていないわけです。これが日本野球の実力であることを認めなければいけないでしょう。それは、野球そのもののプレーの質だけでなく、監督及び選手の人選まで含めた上での日本野球の実力がこの程度のものだったということです。プロ野球ファンの僕ですが、こんな様ではプロ野球人気が落ちても仕方ないと思います、いや、ホントに。

 岩瀬がイ・スンヨプに2ラン打たれた後はもう何か緊張の糸が完全に切れたんじゃないかっていう展開でした。センター後方に飛んだ大きな打球をジャンピングキャッチした青木はさすがでしたが、その後のG.G.佐藤の落球は……ね……。「もともとはライトの選手だから」という言い訳はきかない大チョンボです。唖然としました。

 「絶対に金メダルを獲る」と言って出場した今回のオリンピック、このような結果では多くの批判を浴びても仕方ないでしょう。「負けたけど、よく頑張った」なんて言葉はとてもかけられませんよ。プロ野球ファンとして期待していた分、ガッカリです。

 もしかしたら、「期待していた」のではなくて「勘違いしていた」のかもしれない、とも思います。そう考えると、「日本野球界の慢心をなくすこと」、まずここから出直さないといけないのかもしれませんね。

 最後にひとつ。

 日本戦で決勝2ランを打ったからといってイ・スンヨプを批判するような、恥知らずで見当違いなことだけはやめてほしいものです。日本人の程度の低さを疑われますよ。



 今、テレビでドラマ版「のだめカンタービレ」をやってるのだが、のだめが大川出身だとは知らなかった。柳川のすぐ隣じゃねーか!

 千秋がのだめを追って大川に向かうときに、駅の路線図を見て「大川駅なんてねーじゃねーか!」とイラつく姿には笑ってしまった。
関連記事

Comments

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives