Y's DIARY

Y's DIARY


WBC2連覇! 感動した!

 WBC日本代表、見事2連覇!!

 いや~、決勝戦にふさわしい素晴らしい試合だった。

 1回から8回までの攻防は省略。とにかく岩隈・杉内ナイスピッチ。打撃陣、しっかりチャンスで打て。

 そして9回。

 表の攻撃でチャンスを作るもあと1本が出ず、その裏に追い付かれて尚もサヨナラのピンチを迎えたときは正直駄目かと思ってしまったのだが、気持ちを切らさずダルビッシュがよく踏ん張った。

 試合は延長10回へ。
 1死1・3塁で代打・川。「ここで犠牲フライでも打てば日本のヒーローだぞ!」と期待したのだが、あえなくショートへのポップフライ。ボテボテのゴロでも転がせば何かが起こるかもしれないという場面で、一番いけない打撃をしてしまった。
 「またあと1本が出ないのか……」と、嫌な雰囲気が立ち込めたところで迎えるバッターはイチロー。ここで、1塁ランナーの岩村が2塁へ盗塁。正直、「何で走るんだ……。これじゃ敬遠されるんじゃないのか」と思った。が、韓国バッテリーはイチロー勝負を選択。粘るイチロー。カットするイチロー。

 そして、え~と、何球目だっけ? 忘れたけど、イチローの打球は綺麗にセンター前へ! もうね、このあたり、非常にテンションが上がりすぎて、よく覚えとりません。

 その裏、ランナーを出すもののダルビッシュが最後のバッターを三振に斬ってとりゲームセット!

 この最後のシーンのダルビッシュ、かっこよすぎだろ……。

2連覇の瞬間
(写真:産経新聞)

 もう最高だったね。感動したよ。

 メンバー選考から采配までいろいろと批判された原監督だが、およそ想像できないくらいのプレッシャーがかかる中、こうして立派に優勝という結果を出したことは素晴らしい。結果に対して一番の責任を負う者、矢面に立つ者は監督だからね。うん、アンチ巨人ではあるけど、素直にすごい。

 しかし、何だかんだ言って、やはり韓国は強かった。他のチームとどこが違うかと言えば、守備力だろう。日本もそうだが、派手さはないけども堅実な守りで、エラーから崩れていくというのはなかなか期待できない。先に「打撃陣、チャンスで打て」と書いたが、これは裏返せば韓国が要所を抑えたっていうことだし。アメリカやベネズエラの場合は、派手さはあるけどどこか大雑把なプレーだったような気がする(準決勝のベネズエラ守備の酷さが強烈だったことも影響してるだろうけど)。

 さて、私はこれからひとり祝勝会に移らせて頂きたいと思います。
 近くのスーパーに行ったら、スーパードライと黒ラベルの500缶が見事に売り切れてたんだけど、これ絶対WBC効果だよ。
関連記事

Comments

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives