Y's DIARY

Y's DIARY


第3話「観念」

 第3話「観念」

 爽やかな初夏の陽射しがやや傾き始めた池袋。駅東口からサンシャイン60通りに入り、東急ハンズ手前の小道を南へ少し歩いた先にあるビルの5Fで営業する猫喫茶「299」。
 その日、ここには看板猫のどんぐりをはじめとした可愛い猫たち、そして見るからに冴えない男たちがいた。
 俺と、コージローと、そしてまさに「招かれざる客」のハヤトである。

「ホンマに来たんや」
「お前、ホントに来たのかよ……」
 電話を受けた際、確かにここの場所は教えたが、本当に来るとは。予想の斜め上を行く展開に俺とコージローは苦笑を禁じ得なかった。

「いやまぁとりあえず読んでくれって」
 そして相変わらずこの男は「作品」を読んでほしいらしい。
 しかし、予定滞在時間ももう過ぎようとしている。ここは一旦店を出よう。ひとまず、その方向で話がつき、俺たちは猫喫茶を出た。

 実際のところ、そのときは何となく話をうやむやにして、とっとと横浜方面行きの京浜東北線に乗って逃走を図る予定であった。
 しかし、それは無駄だとすぐに悟る。
 池袋までやってきた男の執念は半端なものではない。京浜東北線に乗って横浜まで逃走したところで、その後バスに乗って自宅まで乗り込んでこない保証はない。いや、乗り込んでくる。間違いない。
 就職活動に使う自己PR用の写真を撮ると言って、油性マジックを片手に押しかけてきたときもそうだったではないか。あのときは、胸に「魂」という文字を書いて(しかも自分で書いたために左右反転になった)、それを写真に収めてやるまで帰らなかったではないか。
 ……観念して読む他あるまい。

 さすがに外で読むわけにもいかないため、俺たちは猫喫茶から駅方向に少し歩いた先にあるミスタードーナツに入った。
 とりあえず、それぞれ適当なドーナツをいくつか買い、2階の飲食スペースへ向かう。
 平日の夕方、それなりに店内は混んでおり、かろうじて空いていた4人席に我ら3人は陣を構えた。俺から見て右隣にはロックバンドでもやっていそうな若くて軽そうな4人組が、何故かUNOを楽しんでいる。そして、左隣にはカップルと思われる男女が座っている。しかしこの2人、全く会話がない。ただの一言もない。
 ドーナツ屋の店内でUNOに興じるロックバンド風4人組と、会話のないカップル風の男女。その間に座る、謎の原稿を抱えた華のない3人組。

 何だ、これは。ドッキリか。

 つづく



 どうでもいい話だが、去年の4月に作業ミスの謝罪のために客先に行く前に、先輩と弁明内容を練ったのもミスタードーナツであった(場所は池袋ではないが)。

 俺の人生の節目によく登場するミスタードーナツである。
関連記事

Comments

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives