Y's DIARY

Y's DIARY


想像力の欠如した生物≠人間

 あうあうあー、うたた寝で休日の貴重な3時間が消えてしまった。。。

 そんなこんなで第4回です。

 前回、「人間関係」について次回更新までに考えておく(宿題とする)と書きましたが、結局まとまってないので今回は別のテーマにします。

 今回は、先日のあるプロ野球の試合で起きた残念な事件について考えてみましょう。

 まず、以下の動画を観ていただきたい。





 これは、7月18日に行われたホークス対バファローズの試合後の様子です。
 この日は毎年恒例「鷹の祭典」最終日ということで、緑に光るケミカルライトが入場者に配布されており、試合後にそれを使って、照明を落とした球場内をライトアップしようという企画が用意されていました。

 そこで、あろうことか、ケミカルライトをグラウンド内に投げ入れる阿呆が続出。。。
 ひどい有様です。。。

 観ているだけで胸糞悪くなってきます。。。

 まず、最初にグラウンドにケミカルライトを投げ入れたクズがいます。それを見たクズがまたさらにそれを真似して投げ入れます。後はこの連鎖でしょう。

 どのクズにも共通して言えるのが「自分の頭では何も考えていない」ということ。

 「これを投げたらどうなるか? 危なくないか?」「誰が片付けるのか?」というごく当たり前の想像力すら働かないクズ。
 「誰かがやっているから自分も」という反射。

 こんなことをするクズは、ホークスファン失格どころではなく、人間失格。光があればそこに考えなしに突っ込んでいく虫と同じ。

 このクズどもはケミカルライトを投げ入れた瞬間に人間であることを放棄したわけですよ。

 もし仮に自分の頭でちゃんと善悪の判断をした上でやったのだとしたら、それはそれで頭がおかしい人間です。普通の人間は「ケミカルライトを投げ捨てる」という行為を良しとはしない。

 この惨状には運営側もショックを受け、ホークス公式twitterアカウントでは「来年からは中止にすべきでしょうか」「『投げ捨てられる』ということを前提にして企画しなければならないのでしょうか」といった苦しい胸の内が綴られています。

 このようなクズのせいでホークスファン全体のイメージも落ちてしまう。でも、これを「一部のファンだけだから」といって切り捨てる、いや他人事にしてしまうことはできない。同じホークスファンとして、そうしたそしりを甘んじて受け入れなくてはならないわけです。

 だからこそ悔しい。

 「自分とは関係ない誰かがやったこと」という風に無関係ではいられない。

 福岡では、手榴弾だけじゃなくケミカルライトにも注意しなければならないってことですね。
 いや、福岡人は投げられるものなら何でも投げてくるから注意しろってことですね。

 恥ずかしい。実に恥ずかしい。
 できることなら、投げ入れた連中を引っ張り出して殴り倒したいくらいだ。。。

 ホークスファン、そして福岡にとっては恥部となる事件ですが、広く知ってもらう必要があると思い、ここに記録しておきます。
関連記事

Comments

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives