Y's DIARY

Y's DIARY


ブログ

 今日は何のテーマもオチも考えずに、つらつらと思ったことを書いてみようかな。

 え、いつものことだろって? 余計なお世話じゃい。

 と言いつつ、話のネタはあるんですよね。

 何かというと、6周年の話ですよ、6周年。何が6周年って、このブログですよ。
 一番古いエントリが「2006年11月14日」なんで、あと2週間余りで丸6年になるわけですよ。
 このブログの公開日に生まれた赤さんがいれば、その子はもう小学校に入学してるわけですよ。

 これって、結構すごくないですか。途中、全然更新されない時期もあったりなかったりですが、それでもよく続いてるなぁと我ながら思います。
 月別アーカイブのプラグイン見てくださいよ、すごく(縦に)長いです……。

 SNSやらtwitterやら、自分から情報を発信することのできる場は増えたけれども、やっぱりブログはブログで別物だと思います。どう違うのかって、それは一覧性の違いであったり、視覚的な表現の自由度であったりと、いろいろあるけれども、とにかく全く別物なんですよ。

 実は、このブログには前身があって、ブログ自体は2005年の秋頃からやってました。その頃は、日々の生活で思ったことをコラムのような形式で書き連ねていて、ブログの存在自体、友人にもほとんど教えてませんでした。

 それを(何がきっかけだったかは忘れましたけど)、友人にも公開する形に改めようと思い、それまでのエントリを全削除して再スタートしたのが「2006年11月14日」です。

 初めの頃は、「インターネットに公開している以上、検索に引っかかる可能性がある以上、どうでもいい日記を垂れ流してはいかん」という気持ちが非常に強かったと思います。
 まぁそういう思いは今もないことはないわけだけど、もう開き直ってるところはあるかな。
 「どっかの誰かがひょんなことでこのブログを訪れて、そして有益な情報を得られたとしたらそれは素敵なことだし、もしそうでなくて、どうでもいい俺の日常を覗いてしまったのだとしても、まぁそれはそれでネットの楽しみなんじゃないかな」、今はそう思ってます。

 日記を書くだけだったら、別にブログという形じゃなくても、ノートに書いてりゃいいじゃん。
 手書きが面倒だって言うんなら、別にWordでもテキストファイルでもいいじゃん。

 でもブログじゃないと駄目なんだよな。
 「人に読んでほしいんだろ? 自己顕示欲を満たしたいから」。
 別に、顕示できるような自己を持ってるわけじゃないんだけど、何となく自分の日常だったり自分の文章だったりとかっていうのが人の目に触れてほしいと願ってる側面は否定できないな。
 だから、そういう指摘は当たってると思うけど、それだけじゃない。

 俺が書いたブログを誰かが読んで、それでその人の何かが変わることだってあるかもしれないじゃない。
 蝶の羽ばたきひとつで変わってしまうくらい不確実な世界なんだから、そういうことだってあるかもしれないじゃない。
 そういう出会いがあるかもしれないって思うと、やっぱブログじゃなきゃいけないんだよね。

 「いや、んなことねーよ」って言うかもしれないし、実際これまでそんなことなかったのかもしれないけどさ。
 でも、そう思う気持ちは変えられないんですわ。

 社会人になって以降、極端に更新回数が減ってしまっているけど、それでもやめずに続けてきた。
 愛着だよね、もう。

 最近は月1くらいの更新頻度になってしまっているけれども、今でも定期的に覗いてくれている数少ない読者は確実に存在するのだし、もうちょっと頑張りたいな。

 前やってた「短くてもいいから、1日1更新」。あれ、ホントに1日1日の内容は短いんだけど、今読むと割と面白いんだよな。ああいうの、またやってみたいって気もする。

 だらだらと文章の推敲もせずにここまで書いてきました。
 まぁ、たまにはこういうエントリもいいんじゃないでしょうか。
関連記事

Comments
 
6年か…その頃に小学一年生だった子は、今中学生なんだな。

まあ同じように、あの頃大学一年生だった俺達は、よくわからんオッサンになってる訳だけども。

こないだふとPCに保存してあるピクチャーファイルを覗いたんだわ。
そしたらお前に撮ってもらった受験用の写真が出てくる出てくる。
あの反転した「魂」もw

それと一緒にまぎれて、お前とかコージローの写真も出てくるんよ。多分教室でふざけて撮ったんやろな。

「教室の机」だったり、「野球のボール」だったり、コージローの買ってきた「もみじまんじゅう」だったり、「野音のベンチ」だったり、どうでもいいようなものも沢山。

でも全然どうでもよくないんだよ。すげえ大切なのさ。何かとっても大事なものを、多分沢山あのデジカメのレンズは覗いてたのさ。

このブログも一緒なんよな。

どうでもいいような記事がさ、もうどうしようもなく大事なもんなのよね。お前にとってだけでなく、みんなのさ。

年も暮れてきたからでしょうか。最近妙にセンチメンタルなオッサンの戯言でした。
Re:ブログ 
>どうでもいいような記事がさ、もうどうしようもなく大事なもんなのよね。お前にとってだけでなく、みんなのさ。

「みんな」が俺を含め2名しかいない可能性が微粒子レベルではなくもはや目視できるレベルで存在する。

だとしても、意味はあるのだろう。

多寡は関係ない。

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives