Y's DIARY

Y's DIARY


祇園

 '13 秋の一人旅 「祇園にようこそ!」の巻。



 ガッキー見て「天使」などと言っている間に時刻は17時をまわり、外も暗くなってきました。


 最初はホテルから祇園方面までバスで行くつもりだったけど、歩いても20分くらいしかかからなさそうだったので、雰囲気を楽しもうと思い、歩いて行くことに。


 四条通をひたすらてくてくと歩きます。

 2年前に来たときは、一緒に来た相手に完全に任せきりだったから、京都の地形を意識することはほとんどなかったんだけど、自分で地図見て歩いてみると、京都市内ってホントに碁盤の目状になっててわかりやすいな。



 「矢三郎」ってのは、『有頂天家族』に出てくるキャラクターのことで、矢三郎がこの四条大橋にもたれかかっている姿が何となく印象に残っていたので、こんなツイートが。


 八坂神社に到着です。


 八坂神社に入り、知恩院方面へてくてく。

 しかし、どうも様子がおかしい。いくら平日の夜といえど人がいない。


 何となく違和感を覚えながらも、Google Map を見る限り道は間違ってないよなぁと思いつつ、進みます。

 すると、視界が開けて、人の姿が。

 ああ、やっと着いたか、と思ったところに若い警備員のお兄さんが近づいてきて一言。

 「ライトアップをご覧に? それでしたら、ここを下って下の入り口から入っていただけますか?」

 どうも、入り口を間違えたらしい。


 たぶん、普段は今回来た道からも入れるんだろうけど、夜のライトアップ期間は正規の入り口から拝観料を払ってしか入れないようになってるんじゃないかと推測。いや、いつもそうなのかもしれんけど。

 まぁ、そんなこんながありながらも、知恩院に到着。


 拝観料を払って進みます。








 一通り見て回ったところで、次は高台寺に向かいます。

 歩いてだいたい10分ほどですかね。



 ちょうど受付で拝観料を払うくらいのタイミングで、年配の方々の団体客とバッティング。
 「うへぇ」と思いながら進みます。


 ※説明しよう! 「ばさらか」というのは、U-sukeの地元の方言で「とても」という意味なのだ!

 知恩院も高台寺も、まだ青い葉もあって完全に見頃というわけではないものの、充分色づいてましたね。

 歩いていて目につくのはカップルがケータイやデジカメで自分たちを自撮りする様子。
 U-sukeの心は荒んでいるので、こういう気持ちになります。





 こちらも拝観順路を一通りまわり終えて、初日の観光は終了です。



 さて、しかし夜はまだこれから。
 というわけで、事前に調べておいたこちらのお店へGO。


 カウンター席に通され、ひとりで飲みます。




 店員さんは全体的に若い感じ。目の前で調理していた若いお兄さんが最年長っぽかったけど、それでも20代だったと思う。

 メニューが独特で、1ページにつき一品書かれており、どれも一言コメントのようなものが添えられています。

 食べた中では、オリジナルメニューの「麻婆唐揚げ」なるものが美味しかったですね。辛いから、お酒にも合う。

 ほどよく酔ったところでお会計。約5000円也。ごちそうさまでした。




 ホテルに帰って、初日終了。




 ※今回のエントリ関連の写真は下記リンクから観ることができます!

  2013.11.18-02 八坂神社,知恩院,高台寺
関連記事

Comments

« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives