Y's DIARY

Y's DIARY


P3M

 2013年11月23日(土)

 秋の一人旅から一夜明け、灰になっているかと思いきや、実はこの日もまだ楽しみが残っていました。

 それは、劇場版「ペルソナ3」鑑賞! しかも、初日舞台挨拶回!

 ダメ元でチケット申し込んでみたら、運良く当選できたんだよねぇ。
 久しぶりにチケット当落結果画面で「うおおおおお!!」って気分になりましたわ。

 ワクワクさんな気分で、予定より早めに劇場(ユナイテッドシネマ豊洲)へ向けて出発。

 上映開始時間の1時間ほど前に到着し、物販にほとんど人がいないうちにパンフレットを購入。
 他にも何か買おうか迷ったけど、結局既に置き場所のない部屋にものが増えるだけだと思ったので、パンフレットのみ。

 席は、何とスクリーンど真ん中の一番いい席。
 しかも、この劇場は前の席とのスペースが広めにとってあり、非常にゆったりとした空間で映画を観ることができました。

 映画の感想は、というと、いい出来だったと思います。
 ゲーム中で使われていた音楽をそのまま使うなど、イメージを崩すことなく、忠実に原作の世界観が表現されていました。僕はアニメパートがカットされているP3Pをやった口なので、まず単純にP3のキャラたちが動くということで感動です。主人公が覚醒して初めてペルソナを召喚するシーンなんか、すげーかっこいいです。
 ただ、1時間半強の時間の中に4~6月までの話がまとめられている関係で、本筋に関係のない日常シーンなどはほとんどなくて、ちょっと駆け足な感じもしたんですが、まぁそれは致し方ないですかね。テレビアニメだったら、そういう日常回みたいなものを入れることもできるんでしょうけど。

 総じて満足度は高かったです。舞台挨拶回のチケットとは別で買った前売券もあるし、また観に行こうかなぁ。
 P3やったことない人でも入っていける、楽しめる内容だと思うので、公式サイトにあるPVを観て面白そうだと思ったら、是非是非。

 ちなみに、主題歌を歌うのは川村ゆみさんですよ。

 そして上映後には、結城理役の石田彰さん、岳羽ゆかり役の豊口めぐみさん、山岸風花役の能登麻美子さん、プロデューサーの足立和紀さんによる舞台挨拶。
 僕は特別に声優さんに思い入れのある人間ではないのですが、能登さんの癒しボイスを生で聴くことができたのは幸せでしたね。あの声には 1/f ゆらぎが発生しているんじゃなかろうか。
 そして、「P4が先にアニメ化された理由」について、足立さんが少し話してくれたんですが、曰く、映像化したいという思いはP3の方が先にあった、と。しかし、P3は地上波でアニメ化できる作品ではなかった、と(笑)。まぁ、確かにペルソナを召喚するために召喚器(銃)を頭に向けて引き金を引くシーンは地上波ではなかなか放送できないのかな。
 ところで、何で召喚器が銃なのか、何で自分を撃つ必要があるのか、正直よくわかってなかったんですが、パンフレットを読むと、ペルソナを召喚するためには「死」を強く意識する必要があるかららしい。そうだったのか、と納得。このあたり重い雰囲気も含めて、僕はP4よりP3の方が好きなんですよね。ゲームとしては、当然P4もといP4Gの方が洗練されたシステムなんですけど、物語の重みというかスケールが全然違うんですよね。まずないと思うけど、P3もリメイクしてくれないかな(笑)

 気になるのは第2章の公開時期だけど、足立さんが「半年後くらいには」って言ってたから、来年のGWあたりかなぁ。既にアフレコは終わってるらしいし、恐らく製作は結構進んでるんじゃなかろうか。期待して待とう。

 さて、一人旅が終わり、P3Mも観て、これにて僕の夏(?)休みはほぼ完全に終了ですね。
関連記事

Comments

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives