Y's DIARY

Y's DIARY


「LIAR GAME」最終回

 毎週楽しみに観ていたドラマ、「LIAR GAME」が最終回を迎えた。

 もちろん、3時間しっかり観た。

 が…。


 正直、「これでいいのか?」っていう感じの最終回だった。

 以下に不満点を。

<注意!!> 実際にドラマを観た、もしくは、観てないけどネタバレ上等という方のみお読みください。

1.秋山がヨコヤを騙すトリックが何か安っぽかったこと…。カードに傷付けて再発行って…。「そんな力技かいっ!」って感じで、少し興ざめ…。
2.密輸ゲームそのものが形骸化して、何かキャッシュカードの奪い合いになっちゃったこと…。
3.最後の最後で秋山がヨコヤに裏をかかれちゃったこと…。それも、前からヨコヤとフクナガが組んでたっていう強引な設定によって…。結局、フクナガがヨコヤを裏切ることで秋山は負けずに済むんだけど、何だかなぁ…。いち秋山ファンとして、あんな形で秋山が裏をかかれるっていうのが納得できない。
4.ケータイサイトで、結末予想クイズという名の4択クイズが番組と同時進行で行われたのだが、その選択肢からある程度結末が見えちゃってたこと…。
5.以前にライアーゲームの決勝戦まで勝ち進んだというじいさんと秋山との会話の伏線が投げっ放しになっちゃったこと…。そのじいさんが直面した、借金より酷い「地獄」って結局何だったわけ?

 そして、もっとも大きな不満点とも言えるのがこれ。

6.原作にあった「人を『信じる』ことが必ずしも正しいとは言えない。人を『疑う』ことも、その人を『知る』ためには必要なことだ」というメッセージが一切排除され、「とにかく人を信じることが清く正しい」というような描かれ方がされていたこと…(ラストシーンの直と秋山のやりとりからいって、そう捉えて間違いないだろう)。あくまでドラマはドラマと言ってしまえばそうなんだけど、これは結構重要なメッセージだったのでは…。ヨコヤの本質を『知ろう』として『疑う』こともなしに、ただただ盲目的にヨコヤを『信じた』直が、本当に正しかったのだろうか。

 他にもあるけど、特に気になった点はこんなとこかな。

 あ、某SNSのコミュニティをチラッと見ると、「3時間スペシャルといいながら、そのうちの約2時間が総集編だったこと」に対する不満を言ってる人もいたけど、それはもとから想定済みだった(というか、公式HPに書かれてた)から、俺は別にそこまで気にならなかった。

 振り返ってみると、少数決ゲームの秋山とツカハラ(フクナガ)の駆け引きが一番面白かったような気がする。原作を読んで先の展開がわかってたけど、あそこはハラハラドキドキしたもん。面白さは、そのあたりがピークで、それ以降、特に密輸ゲームに入ってからは下降線を辿ってた気がする(密輸ゲームのルール説明のときに、「密輸ゲームの遊び方」って言ってたのも違和感あったし…)。

 今回は不満ばっかり書いたけど、このドラマには充分楽しませてもらったし、このドラマのおかげで原作のマンガにも出会うことができた。それに、神崎直役の戸田恵梨香にしろ、秋山深一役の松田翔太にしろ、配役はよかったと思う。あと、個人的にはエリー役の吉瀬美智子さんが超美人で印象的だった。

 ただ、DVDが出ても買うかどうかは微妙だなぁ…。

 関連記事
LIAR GAME-ライアーゲーム-
マンガ・LIAR GAME
ドラマとマンガ
LIAR GAME 第4話
関連記事

Comments

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives