Y's DIARY

Y's DIARY


2日目(前編)

 4月30日(日)

 ゴールデンウィーク2日目。



 早起きして、8:07品川発ののぞみ号に乗って大阪へ。

 京セラドーム大阪でのバファローズ-ホークス戦を観に行くのだ。

 11時過ぎに京セラドームに到着。

DSCN0008.jpg

DSCN0009.jpg

 14時試合開始で、開場も12時なので、そんなに人はいないだろうと思っていたが、すでに球場周辺には開場や当日券を求める人々が溢れていた。
 普段なら指定席をとっておいて、開場待ちの列を気にせずにしばらくブラブラとするのだが、この日のチケットは内野自由席だったため、急かされるように開場待ちの列に加わる。

 列に加わった後に、球場内にはグッズショップがないことに気付いたのだが、とき既に遅し。
 今更列を抜けてグッズショップに向かうのも何だかなぁと思い、そのまま開場を待つ。

 12時になり、開場。

 外に並んでいるときはものすごい人の数に思えたのだが、球場内に入ってしまえば、その人々を収容してもまだまだ余りある座席。席は選び放題である。
 3塁側やや前方寄りの中段・通路側の席を一旦確保。

 ただ、空腹感が強い。何か食料を買いに行こう、と思い、その席をリリース。
 座席にチラシやバッグを置いて確保している人をよく見るけど、俺はそういうみっともない真似はしたくないたちなのである。

 球場に来たからには、その球場およびその球団ならではの弁当を(それがいくら高かろうが)買って食べる、というポリシーを持っているので、お目当ての弁当が売っていないかあたりを散策する。
 しかし、これがなかなか売っていない。仕方がないので、そこまで特別感のないすき焼き弁当とビールを購入して内野席に戻る。

 思わぬ時間を食ってしまったため、この時点ではすでに多くの人が入場しており、席がだいぶ埋まりつつあった。
 こんなことなら、開場待ちの列に並んだ意味なかったなぁと思いつつ、空いている席を探す。

 通路側の席はどこも空いてそうになく、結局、最初に座った席より外野寄り中段の中央の席を確保する。

DSC00890.jpg

DSC00891.jpg

 投手や打者の動きもしっかりと見え、そんなに悪い席ではない。

 落ち着いたところで、弁当を食す。

DSCN0041.jpg

 ちなみに、この日は「大阪クラシック」と銘打たれており、バファローズは近鉄時代のユニフォーム、ホークスは南海時代のユニフォームを着用して試合に臨む。

DSCN0019.jpg

 場内アナウンスでも「近鉄バファローズ対南海ホークス」と放送される徹底ぶりだった。

 防球ネットにピントが合ってしまってイマイチの写真だが、せっかく撮ったので試合前練習の様子を何枚か。

 まずは、ホークスに電撃復帰した川﨑。やはり人気は健在で、練習中でもその一挙手一投足に場内のお客さんは沸いていた。

DSCN0047.jpg

 次に、松田。
 4月ここまで大不振で、まさかのホームラン0本。4月中に1本打つには今日の試合がラストチャンスである。

DSCN0049.jpg

 そして、本多。
 復帰した川﨑が主にセカンドで起用されることが多いため、スタメンの機会が減っているがやはり欠かせない戦力である。

DSCN0055.jpg

 最後に、今宮。
 川﨑が抜けた後、守備力を武器に不動のショートの地位を確立したが、打撃面での物足りなさや川﨑の復帰もあり、それも安泰ではない。

DSCN0056.jpg

 この日のスタメンはこんな感じ。

DSCN0073.jpg

 前日ナイトゲームからのデイゲームという流れにまだ慣れないということで川﨑はスタメンを外れ、代わりに明石がセカンドに。
 前々日の試合で脚にデッドボールを受けた柳田も2試合続けてのスタメン落ち。

 2人が見られないのは正直残念は残念だが仕方ない。勝利の瞬間が見られればそれでいい。

 14時、プレイボール。

 バファローズの先発は新人の山岡。あまり情報を持っていなかったのだが、ここまで0勝2敗ながらも防御率はなかなかいい。
 2敗しているのは打線の援護がなかったからであり、なかなかいいピッチングをする投手なのだろうと思われた。

 その予想通り、山岡に翻弄されるホークス打線。もとより初物に弱いのだ。
 2回のゲッツー崩れの間にとられた1点を返せないまま試合は終盤を迎える。

 京セラドーム大阪での観戦はこれが3回目だが、過去2回の試合はいずれもいいところなくあっさりと負けた記憶しかないため、嫌な予感が頭をよぎる。

 0-1で迎えた7回表。2アウトランナーなし。マウンドには山岡からスイッチされた吉田一将。打席には大不振の松田。
 この後の展開如何によっては、これが4月最後の打席になる。
 レギュラー定着後、4月終了時点でホームラン0本というのは過去にないのではないか。果たして……。



 キタ----------(°∀°)----------!!

DSCN0079.jpg

 ワンダホオオオオオオオオ!!!!

 いやぁ、球場内の雰囲気が一変しましたよ。
 打った瞬間にスタンドに届くと確信した打球。それまでが「チャンスは作るけどもう1本が出ない」という展開の連続でフラストレーションが溜まっていただけに、ホントに盛り上がりましたね。

 一気にムードはホークスへ。

 8回にピンチを迎えるも何とか脱し、試合は9回表。バファローズは抑えの平野を投入。
 いい投手からつぎ込む。当然のセオリーである。

 対するはデスパイネ。



 これまた打った瞬間にそれとわかる特大ホームラン!!

 沸きに沸くホークスファン。静まりかえるバファローズファン。

 1点のリードさえあれば、サファテ先生には十分である。
 その裏の攻撃をあっさりと3人で片付け、劇的な逆転勝利!

DSCN0083.jpg

 タイムリーこそ出なかったが、効果的なソロホームラン2本で、結果的にはいい試合を観ることができた。
 非常に満足度の高い試合。

 テンションの上がった俺は神戸に住む友人・8810に連絡をとるのであった。

 (つづく)
関連記事

Comments

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
 
Monthly Archives