Y's DIARY

ストレスがない仕事なんてない

転職
 今日から5日間(8/13~17)は夏季休暇。6月の転職後、初の長期休暇である。
 (前回の更新から1ヶ月以上経過して広告表示もされている)いいタイミングなので、転職から2ヶ月強が経過した今の心境をここに留めておこうと思う。


 端的に言うと、「転職自体は全く後悔していないが、『今の仕事をずっと続けていくか』と聞かれると、自信を持ってYESとは言えない」というのが正直なところである。

 仕事は楽しいものではない。何をやっても大抵そうではないかと思うが、やはり転職後の仕事も正直楽しいものではない。
 それに、仕事柄、クライアントに疎まれることはあっても、感謝されることはまずない。
 さらに言えば、基本的には自社の持っているマニュアルや方法論をベースに進めていく仕事だから、目標を持たずただ単にボーッと仕事をこなすことだけ考えて過ごしていたら、今の会社でしか役に立たないスキルばかりが身に付いて(それはそれで、仕事を進めていく上でまず初めに大事なことだけど)外に出られない人間になってしまうと強く感じ始めている。
 そのため、他でも通用する汎用的な知識や資格を取得しないといけないという思いが出てきている。

 また、自分は比較的ちゃんと仕事を教えてくれる人たちの下につかせてもらっていると感じるが、基本的に今の職場の人たちは個人主義のような気がする。一応、クライアント別にチームは組まれるものの、最終的には個人個人が自分の担当分の仕事をやるという感じで、チームワークというものは強くは感じない(もちろん、全くないわけではない)。
 入る前からそうなのだろうという気はしていたし、自分自身もどちらかといえばその傾向が強いから、それ自体は別に構わないと思っていた。しかし、前の職場とのギャップは大きく、ちょっとしたカルチャーショックを受けている。
 前職では、同期や先輩など親しかった人とよく飲みに行ったりしていたし、辞めた今でも個人的に繋がりを持っているが、今の職場で同じような関係になる人ができるだろうかと考えると、(今の時点では)恐らくできないだろうと感じる。

 あと、これは今の職場がどうこうという話ではないが、前の職場では「主任」という立場である程度は自分の裁量と判断で仕事を進められていた立場から、未経験分野のヒラの担当として何をやるにも指示や判断を仰がないといけない立場に変わったことがひどくストレスになってき始めている。
 自分にいろいろと仕事を教えてくれている人は、「とりあえずやっといて」というタイプではなく、ちゃんとその背景や意味まで含めて教えてくれる人なので、比較的恵まれているとは思う。しかし、「前に言ってたことと違うけど……」「俺に指示した内容と自分がやってる内容が合ってないけど……」と思うことはやはりあって、理不尽さを感じることはある。社会人になりたての頃なら、まぁそんなもんだと割り切って過ごせたのだろうけど、今はそういう矛盾や理不尽さを何とか論破したくなってしまい、でもそれができるだけの(今の会社での)経験や知識がまだないというところで、ストレスを感じる。

 もちろん、自分の至らなさによる問題も多々あるのだけれど、それも含めてここ最近ネガティブなイメージが強くなってきて、若干ストレスが表面化し始めてきていたので、そういう意味でも、このタイミングで休暇に入れたのはちょうど良かったかもしれない。

 前よりはだいぶマシとは言え、違った面でのストレスはやはりあって、そいつらをどう扱っていこうか、今はそういうことを考え始める時期なのかなと思う。
関連記事
Newer Entry5年ぶりのテンプレート変更 Older Entry新しいことを始めるなら今

Comments



 

 

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

うーすけ

Author:うーすけ
30代男。
三度の飯より鷹命。

Blog Search
Recent Entries&Comments
Monthly Archives